iPhoneでiCloudにブラウザでアクセスして活用する方法の詳細


icloud14.jpg

昨日はiCloudをWindowsパソコンと同期する方法についてお知らせしましたが
今日はiCloudにブラウザでアクセスして活用する方法です。
この方法でアクセスできるのは
メール・アドレス・カレンダー・iPhoneの位置確認・オフィース系ツールです。
リマインダーも後から追加されました。
なんと言ってもiPhoneが今ある位置を地図上に表示してくれるのが嬉しいです。
これらのサービスを使う方法については続きに記載しました。

先にお知らせしたiPhoneでのiCloud利用開始の設定が必要です。
■iCloudのURL
利用するブラウザはIEexprolaまたはSafriとされていますが
私Safariを利用しました。
アドレスは https://www.icloud.com です。
icloud13.jpg
■ログイン
iCloudのサイトを開くと次のようにログイン画面が開くので
Apple IDとパスワードを入力してログリンします。
「→」クリック。
icloud13a.jpg
■ツール一覧画面
ログインすると利用できるツールの一覧画面が開くので、ここで選択。
icloud14.jpg
■メール
メールを開くと次のようなメール画面となります。
アドレスはiCloudで登録した新しいメールアドレスです。
通常のメールソフトとほぼ同じ表示なので問題なく利用できると思います。
ここで送受信に使うメールアドレスは「@icloud.com」です。
icloud15.jpg
■アドレス帳
iPhoneに登録しているアドレス全てが次のように確認できます。
icloud16.jpg
■iPhoneの位置確認
iPhoneの場所を地図に表示だけるでなく、リモートロックや
リモートワイプ・サウンド再生またはメッセージの送信ができます。
(この地図が合成しているので実物とはわずかに違います)
iPadも登録している場合は2つの端末の場所を表示できます。
icloud17.jpg
■ドキュメントの利用
これはオフィース系のエクセルやワード・パワーポイントと
同じようなツールで、
アップル独自でスマートフォンの表示に対応したものです。
この3つのツールは有料です。
各ツールの詳細はここのページに記載されています。
icloud18.jpg
■カレンダー
iPhoneのカレンダーと同期されたものが表示されています。
ただし新しく入力した予定しか同期されませんでした。
(私の環境の問題かもしれませんが)
Gmailのカレンダー同期をメインで利用している場合は、その予定は表示しません。
icloud19.jpg

■メモ
iPhoneの「設定」にある「メモ」の設定で
デフォルトのアカウントがiCloudのアカウントになっていないと
メモを同期することができません。要確認です。

■リマインダー
リマインダーの同期が後から追加されました。
リマインダーは、やることリストTodo/タスク管理です。
iPhoneで追加したリストが同期されて表示されます。

次回はiTuneでiCloudと同期する方法についてお知らせします。