iphoneのアドレスをグループ分けして一斉送信するGcontactアプリの使い方


iphone-gcontact3前回iPhoneの電話アプリのアドレスを
インデックス表示に変えるアプリ
「kanadex」
をお知らせしました。

このアプリにないグループ分けと
一斉送信でメールできるアプリ
Gcontact liteのお知らせです。

新規グループの追加と編集ができ
未整理の一覧からドラッグ&ドロップで
簡単に新規グループに
アドレスを移動できます。

選択したグループからのメールと
SMS・MSMのメールにも対応しています。

送信の前にto/CC/BCCを個別に
自由設定できるのも便利です。

Gcontact liteの使い方を続きにアップしました。

Gcontact liteはAppストアでは
「連絡先のグループ管理、グループメール」
というタイトルで表示されています。
無料のアプリなのでまずはダウンロードから。

アプリを開くとこんな感じです。
iphone-gcontact1

他のアプリでグループを一つ追加していたら
自動的にそのグループを読み込むこともできました。

新規にグループを作るには
左上の「編集」にタッチでメニューが開きます。
iphone-gcontact2

メニューの「新規グループ」にタッチで
新しいグループが追加されます。

新規のグループにアドレスを追加するには
「すべて」や「未整理」を開いて
移動するアドレスを移動先グループに
ドラッグ&ドロップするだけです。

ようするに移動するアドレスにタッチしたまま
指を離さず移動先グループまでスライドさせ
移動先グループ名の上で指を離すということです。
iphone-gcontact3

今回「Gmail一斉」というグループを追加したので
ドラッグして移動先グループの上に重ねると
上の画像のようにグループにする「Gmail一斉」
とメッセージが表示されます。

※見本の画像は移動先を間違えた説明になってますが
やり方はこんな感じで矢印のように移動させます。

※「Gmail一斉」というグループ名にしましたが
Gmailで送信するには特別な設定が必要です。
通常はiPhoneに一般的に登録の@i.softbank.jp
のメール送信となります。

一斉送信したいグループを開いて
もう一度グループ名にタッチすると
次のメニューが開きます。
iphone-gcontact4

メニューの「グループメール」にタッチします。
iphone-gcontact5

上のように
グループ全員の名前一覧が表示されます。

個別に送信設定を変えることができます。

アドレスを1回タッチするごとに
「TO」→「CC」→「BCC」→「NONE」
に変わっていきます。

画面下部のメニューボタンからは
一括で全員の設定を変更できます。

「TO」はメインの送信先です。
必ず必要。
「CC」はカーボンコピーなので
全員に同一メールの送信先が解ります。
「BCC」を選択すると
全員に送信しても誰に送信したか
相手には表示されません。

個人情報的にもセキュリティ面でも
「TO」を一人選択して
残り全員を「BCC」にするのがいいと思います。

手順としては
下のメニューボタンで「BCC」にタッチで
全員「BCC」にした後に一人だけ
アドレスにタッチして「TO」に替えます。

右上の「送信」ボタンでメールを開きます。
iphone-gcontact6

宛先に「TO」で選んだ人が
「BCC」に全員の名前が表示されたメール
送信画面が開きます。

後は通常のメールの方法で送信すればOK!

※Gcontact lite2というアプリもありますが
何が違うのでしょう。
これは評価が良くないですねー。
なので名前に「2」がない方を使ってください。

Gcontact liteはアドレスの移動が簡単では
ありますが、重複したアドレスや
ふりがながあるアドレスとないアドレスとか
登録内容が複雑化されてしまっている場合は
その種類別に
アドレスの一括表示と移動や編集ができる
アプリがあるので次回はそのアプリをお知らせします。

----------------------------------------------------