iPhoneもアプリで動画は大画面に出力!GoodReaderで出来ることのまとめ!


goodreader.jpg

iPhoneのGoodReaderは日本語版がないので
何ができるのって人多いのじゃないかな~
良く知られているのはPDFが開けるってことですが
実際に使ってみるとこれスゴイ機能盛り沢山です。
そこで、このアプリで出来ることを簡単にまとめてみました。

まとめは続きへ

■Wi-Fiでパソコンと同期できる。
■USBでパソコンと同期できる(要 iTune)
■写真や動画をカメラロールから取り込める。
■写真や動画をHDMI出力して大画面モニターで見れる。
(このアプリに取り込みしたファイルは全て)
■高画質動画を再生できる。
■ファイルやフォルダを圧縮解凍できる。
■ファイル名の変更ができる。
■ファイルやフォルダのコピーや移動ができる。
■夜や暗い場所ではナイトモードで見ることができる。
■PDFはテキストだけ表示して見ることもできる。
■検索ツールから一発で見たいページに飛べる。
■余白を取り除いて表示することもできる。
■ブックマークから指定ページに一発で飛べる。
■PDF編集機能であれこれできる。
■コンビニのネットプリントを利用できる。
■メールから添付ファイルを取り込める。
■Safariのブラウザからデータを取り込める。
■Safariにブックマークレットを登録できる。
■ファイルやフォルダをパスワードでロックできるとの。
■Mobile Me /DropBOX/Google Docs/SugarSync他サーバーから取り込める。
■縦横見やすい方向に回転できる。
■確認しやすい文字サイズに変更できる。
他にもありますが、上記の機能が利用できます。
DropBOXやServersManなどのファイルを同期するツールを利用していますが
これらはフォルダごと一発でファイルを転送することができないのですが
このアプリはフォルダを圧縮して転送することができるのがいいです。
また、
このツールで開けるファイルはHDMI出力で大画面の液晶モニターに映すことができます。
通常はHDMI出力できるアダプターを接続してもYoutubeは見れるけど
他の動画は見れないといったことがあります。
iPhoneでは出力できる映像はアプリによって決まるので、
いろいろな方法でファイルを取り込みできるこのアプリはお勧めです。
もっと面白い使い方がないか探し中!見つけたら報告します。