iPhoneのホーム他・全画面を外部モニターに表示するDisplay out+HDMIクレードル利用方法


iphone-hdmi2.jpg

iPhoneを自宅ではデスクトップのように大型のモニターに映して
操作したいと思いHDMI出力が可能なクレードルを購入!
しかし
モニターに表示できるのはYoutubeの動画などHDMIに対応したアプリ
だけのようで、期待していた「ひかりTV」の動画は表示できませんと
メッセージがでる。
私としてはiPhoneのホーム画面を含む全ての画面をモニターに表示し
マウスとキーボードで操作できたらベストだと思っていたのですが残念。
諦めきれずに検索したところ「Display out」というアプリを使えば
全画面をモニターに出力できることが分かり実行してみた。
ただし、要脱獄のアプリです。
iPhone/iPod用リモコン対応HDMIクレードルと
Display outの使い方については詳細に記載しました。

■クレードルについて
楽天で購入しました。
特徴として
このクレードルにはキーボードが操作できるUSB端子も付いて
充電しながらHDMI出力ができる。
なおかつ動画の画面などリモコンで進む・戻るなど操作もできるようになっている。
しかし
購入後に分かったことだが、キーボードが利用できるのはiPodのみ。
iPhoneは対応していなかった!確認不足で購入してしまいました。
これです
iphone-hdmi1.jpg
最初に説明しましたように一番見たかった「ひかりTV」の「どこでも」
アプリは対応していません。
iPhoneをクレードルに置くと専用のロック画面が表示され
その背景が数種類ありランダムに変わります。
■Display outのダウンロード
私は既に脱獄済みだったので簡単に利用開始ができましたが
このアプリを利用するには先に脱獄をしておく必要があります。
有料のアプリで2.99$でした。
CydiaからDisplay outを検索して金額が表示されているところにタッチ
購入手続きを完了してダウンロードします。
displayout1.jpg
インストールが完了するとiPhoneの設定画面にDisplay outが表示されます。
displayout2.jpg
Display outにタッチするとアプリの設定画面が表示されます。
このアプリを有効にするか選択する「オン」「オフ」がありますが
「オン」なっていれば大丈夫。
displayout3.jpg
デフォルトの設定のままモニターに接続してみました。
■縦画面だと動画はキツイがクレードルだと・・・。
HDMIでクレードルとモニターを接続してみるとホーム画面は
このように表示されます。
iphone-hdmi2.jpg
SafariでYahooのページを開いてみました。
iphone-hdmi3.jpg
ひかりTVの無料ビデオを開いてみました。
縦画面だとこのように小さく表示されてしまうのでキツイです。
iphone-hdmi4.jpg
ホームページもスマートフォン用で開けば問題ないが
大画面ならPC用で見たい。
そこで本体を横にするわけだが、こんな時にクレードルだと不便だね!
横画面をロックして使うのがいいかな。
iphone-hdmi5.jpg
本体を横にするとホームページはフルスケールで表示!
iphone-hdmi6.jpg
動画も大画面になりました。
iphone-hdmi8.jpg
これでマウスもキーボードも使えれば、ほぼデスクトップPCもどき。
キーボードは標準の設定でBluetoothが有効になるが
マウスだめだね!
2つのデバイスが干渉してしまうので、動作ミスもあり
即利用したい場合には不便だ。
次期iOS5なら両方使えるのだろうか?
しかしiOS5になったら、さしずめ脱獄できないし。
脱獄できてもiOS5に対応できたDisplay outは出てくるのか?
android OSであればHDMIは全画面に対応しているし
キーボードもマウスも使える端末もあって便利なのだが
iPhoneの場合こういったところが閉鎖的。
脱獄でできるのであれば技術的問題はなく、利用を規制されているということだね。
もう少し使う側に自由度を与えてほしいと思っています。