iPhone iOS6.1キーボードをスワイプしてカーソル移動SwipeSelectionの使い方


SwipeSelect2

これ超便利です!
iPhoneを脱獄しないと使えないですが
テキスト入力時にソフトウェアキーボードを
左右にスワイプするとカーソルの位置が移動してくれます。
過去に
入力フォームをスワイプするとカーソルが移動する
アプリSwipeShiftCaretをお知らせしていますが
これよりも便利です。
特にコピペの範囲選択に威力を発揮します。

詳細は続きへ

まずはCydiaを起動してSwipeSelectionを検索
SwipeSelect1
ヒットしたら右上のInstallにタッチで
ダウンロード開始です。

インストール方法の詳細はこちらを参照

特に設定は不要です。

メモアプリを起動して文字を入力したら
試してみましょう。
SwipeSelect2
上の画面は右端にあるカーソルを左にの
Sの位置まで移動させた様子です。

キーボードを左にスワイプするだけです。

次にShiftキーにタッチしたまま
右にnの位置までスワイプします。
SwipeSelect3
Shiftキーを話したらSwipeSelectionのネームの
文字範囲が指定されます。
iPhoneの場合Shiftキーは左端の↑キーになります。

この状態でカット・コピー・ペーストなど実行できます。

×のバックキーで削除もできます。
SwipeSelect4
SwipeSelectionが削除されました。

このように操作をキーボード上で行えるのは
とても便利です。
入力フォーム内で指による範囲指定するより
確実に実行できます。
ただし
この機能はテンキーでは実行できません。
それと
変換候補にタッチしても確定されないので
キーボードのスペースキー(次候補)で
選択したら確定キーで確定する方法になります。

そもそもこのアプリはiPad用に開発されているので
テンキーは想定外でしょう?