iPhone iOS6.1のメモのカーソルをスワイプで移動できるSwipeShiftCaret脱獄アプリの使い方


iphone-swipeshiftcaret2iPhoneのメモアプリでテキスト編集をしている時に
目的の文字の位置に移動するには
長タッチして虫眼鏡を表示してそのまま指を移動させる
スワイプの操作をしますが

SwipeShiftCaretの脱獄アプリを使うと
文字がない場所でもスワイプするだけで
カーソルを移動できるので
簡単に目的の位置に移動できます。

この脱獄アプリの使い方について続きにアップしました。

Sydiaアプリを起動してSwipeShiftCaretを検索
ヒットしたら右上の「Install」にタッチして
インストール開始です。
iphone-swipeshiftcaret1

ダウンロードとインストールの詳細はこちらを参照

インストールが完了したら即利用開始できます。

メモアプリを起動して試してみましょう。
iphone-swipeshiftcaret2

入力した文字の何処かにタッチしてカーソルを表示。
文字が入力されていない空白の部分を
試しに右か左にフリックしてみましょう。
カーソルの位置が1文字分移動するはずです。

次に左右どちらかにスワイプしてみてください。
(タッチしたまま指を移動させる)
スワイプしている間は連続してカーソルが移動していきます。

上下方向にカーソルを移動させる時も
右か左へのスワイプで実行します。
iphone-swipeshiftcaret2-2
一行上まで移動するには左にスワイプ
その行の左端になってもスワイプを続けると
上の行へ移動していきます。
下の行へはこの逆の操作です。

★設定

iPhoneの設定画面を開くと
SwipeShiftCaretがあるのでこれにタッチ。
iphone-swipeshiftcaret3

SwipeShiftCaretの設定画面です。
iphone-swipeshiftcaret4

◆Move Style

標準でContinualを設定しています。
これは先に説明した連続してカーソルを移動
することができます。

Stepに変更すると1文字分づつしか移動しません。
フリックで1文字移動したのと同じです。

なので標準のContinualのままでいいと思います。

◆Caret Magnifier(iOS5+)

これをオンにすると
文字以外の場所をスワイプしながら
虫眼鏡を表示して移動できる。
iphone-swipeshiftcaret5

脱獄なしの標準的操作方法での虫眼鏡表示での操作も可能です。

私は虫眼鏡なしのほうが好みなのでオフです。
また
単語の上でダブルタップすれば、その1単語全体が
選択範囲になります。

◆Faster by swipe speed

スワイプを早くするとカーソルが早く動く
スピードアップです。

◆V.Scroll Lock

スワイプ操作をしている時に画面が
上下に動いてしまうのをロックします。

オンで固定したほうが不快な動きがなく
良いような気もします。

はっきり言って設定は標準のままでも
さほど問題ないですねー。

好みの問題なので変更したければやってみてください。